LL ライブラリを利用するための3ステップ♪

  • 1. 使用届に記入
  • 2. カウンターで受付
  • 3. 座席プレートを受取り、個人ブースで学習

☆SMK英語情報局☆ 第74回 おすすめDVD の巻

こんにちは、SMK英語情報局です!

6月ももう中盤ですね。

今週には梅雨入りするそうですが、どうなんでしょうか。

夏も苦手ですが梅雨も嫌なので、パッと始まってパッと終わってほしいです。

じめじめしていて外に出れば濡れてしまうし、

こういう時期はLLライブラリでDVDを見るのが一番じゃないでしょうか♪

ということで、

今日のテーマは「おすすめDVD」です。

 

LLライブラリでなら、暑いときも豪雨のときも、快適に過ごせます!

たくさんの洋画DVD海外ドラマのDVDがありますが、今日おすすめしたいのは、NHKの英語DVD

新感覚☆キーワードで英会話』です!!

51PS6sdYabL__SX348_BO1,204,203,200_

単語が持っているコア(核)のイメージを捉えることで、

ひとつの単語がもつ様々な意味を感覚で理解する、というのがテーマになっていて、

学校では暗記しがちな単語の意味を、別視点から捉えられる面白い内容になっています。

 

たとえば “on” という単語を覚えるとき、

~の上に」とか「~の上の」とか、そういった意味で覚えがちですよね。

この教材では、そういった覚え方ではなく、

イメージ図を基にして、となる意味を教えてくれます。

on” だと、壁や天井などに物がくっついている絵が紹介されます。

つまり、”on” は、「何かの上にある」という状態を指すのではなく、

どこかにくっついている」ことを指しているのです。

~の上」と覚えてしまうと、

くっついてなくても上にあったらいいように思いますし、

ひっくり返ってくっついている場合は使えないような気がしますが、

何かにくっついているイメージが頭の中にできていれば、

~の上」という意味に縛られずに、そのほかの意味も理解することができます。

日本語に訳すと、意味が限定されてしまって、

実際に会話などで使うときや、その意味以外の意味で使われているときに、

壁にぶつかって間違って使ってしまったり意味がわからなかったりしてしまいますが、

コアイメージを理解すると、柔軟に単語の意味を感覚で感じられると思います。

まさに「新感覚」!

 

このDVDがでたのはだいぶ前で、2007年なのですが、

よく使う動詞や前置詞などが紹介されているので、

今でも十分役に立つのではないかと思います^^

日本語も、よく使うような簡単な動詞や形容詞になればなるほど、

意味を説明するとなると曖昧で難しいですよね。

それは知らず知らずのうちに日本語の意味が感覚としてわたしたちにしみわたっているからで、

このDVDは英語でその感覚をゲットしようとするわけです。

ちなみに、同じような内容の書籍版『イメージでわかる単語帳』も、

LLライブラリで読むことができますので、チェックしてみてください☆彡

 

LLライブラリにあるDVD・本は、洋画DVDや海外ドラマのDVDだけでなく、

このほかのNHKの英語DVDや、ラジオ英会話の本・DVDなどバラエティ豊かです♪

静かな空間で集中して読んだり観たりできますよ☆

みなさまぜひお越しください^^

 

以上、第74回 SMK英語情報局でした☆

編集:SMK